image
(写真・神奈川新聞社)

横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルに21日、クルーズ客船2隻が同時着岸し、夏の客船シーズンが到来した。同時着岸は8月19日までに計5回予定されており、夏休みに船旅を楽しむ人たちでミナト横浜はにぎわいが増しそうだ。

 

この日は雨が続くあいにくの空模様だったが、外国船の「サン・プリンセス」(7万7,441トン)と「にっぽん丸」(2万2,472トン)がそろい、大勢の乗客らが行き交った。

 

今後も同時着岸を見るチャンスは多い。25日は外国船の「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5,875トン)が午前6時に、「にっぽん丸」が同10時半に入港する。

 

8月の入港予定は▽9日=「飛鳥2」(5万142トン)同9時、「にっぽん丸」同10時半▽15日=「ダイヤモンド・プリンセス」同6時、「飛鳥2」同9時半▽19日=「飛鳥2」同9時、「ぱしふぃっくびいなす」(2万6,594トン)同10時半-となっている。

 

入出港予定は変更になることがある。当日の入港状況は大さん橋インフォメーション・電話045(211)2304。