image

(写真・神奈川新聞社)

 

「サンキューベイブリッジ」「さくらぎちょれはない!」など、横浜の名所や駅名、サッカーチーム名などを盛り込んだ漫才で人気のご当地芸人「横浜ヨコハマ」が18日、「横浜ネタ漫才60分一本勝負『ご当地B級漫才2』」を、あかいくつ劇場(中区山下町)で行う。ボケ役の上仲誠彦さん(33)が生み出すネタはハマっ子の心をくすぐるものばかり。突っ込み役の新村晋さん(34)とともに「横浜を愛する人に笑ってほしい!」と話している。

 

横浜ヨコハマは、磯子区出身の新村さんと、金沢区出身の上仲さんが市立小田中学校(金沢区)に通っていた当時に結成した。

 

活動は地元中心で、3年以上前から毎月第1、3、5日曜(荒天中止)に、人気デュオ「ゆず」がかつて7500人を集めた横浜松坂屋の跡地にあるイセザキ・モールの商業施設「カトレヤプラザ伊勢佐木」前で無料ライブを継続。昨年からは桜木町でも始め、笑いを届けている。

 

「横浜ネタ漫才~」は昨年に続き2回目。かながわ検定横浜ライセンス2級資格も持つ新村さんは「横浜が大好きな皆さんに満足していただけるライブにします」と意気込んでいる。

 

午後7時開演。チケットは全席自由で前売り2千円(当日2,300円)。問い合わせは、新村さんのツイッターまたは上仲さんのツイッター