image
(写真・神奈川新聞社)

 

伊勢原市の小田急線伊勢原駅北口の竜神通りで22日、「サマーフェスタ2017」が開かれた。恒例の全長100メートルの流しそうめんが登場し、親子連れなどでにぎわった。

 

駅前中央商店会の主催。15回目となる流しそうめんはイベント最大の目玉だ。乾麺約12キロを用意し、約220メートルの通りの中央に、そうめんを流すといを設置。参加者に平等に行き渡るようにと、途中3カ所にめんを流す人が待機した。

 

箸を手にした参加者は、白い麺が勢いよく流れてくると、歓声を上げながら夢中ですくっていた。

関連タグ: