image
(写真・神奈川新聞社)

 

17日にアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」が全国公開されることを祝い、伊勢原市の大山エリアで1日、観光キャンペーンが始まった。

 

ゴジラ映画史上、初となるアニメ作品で2万年後の世界を描く。大山を含む丹沢エリアが、ゴジラと人類の戦いの場として登場することから、ゴジラファンを呼び込もうと、小田急電鉄が企画した。

 

大山阿夫利(あふり)神社は参集殿で、ゴジラの背びれの形にご飯を盛り付けた「ゴジラ・カレー」を1食800円(税込み)で提供。ゴジラのオリジナル御朱印張500冊(1冊1,500円)を販売する。

 

大山寺は土器の小さな皿「かわらけ」を投げる厄よけの「かわらけ投げ」の的として、高さ3メートルのゴジラの顔のパネルを設置した。かわらけ2枚で300円。パネルに当てると家内安全の「御利益」があるという。大山ケーブルカーの車内アナウンスは映画に出演する声優の花澤香菜さんが吹き込んだ。

 

12月10日まで。問い合わせは小田急お客さまセンター・電話03(3481)0066。