image

(写真・神奈川新聞)

 

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は11日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官が「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」と否定していることについて、「『記憶の限りでは』と注釈を付けるなら『会っていない』と言い切れるはずがない」と疑問視した。

 

小泉氏は都内で行われた経済団体「新経済連盟」のイベントで講演。加計問題のほか、防衛省の日報問題なども念頭に「うんざりのひと言に尽きる」とも語った。「うんざり」は二階俊博幹事長が10日の記者会見で語った言葉で、会見に同席していた小泉氏も同調した形だ。