image
(写真・琉球新報社)

 

【竹富】国の重要無形民俗文化財に指定される竹富町小浜島の「結願祭(けつがんさい)」が14日、島内の嘉保根(かぼね)御嶽(うたき)で行われ、西表島では干立(ほしたて)と祖納集落で節祭(しち)が催された。五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、住民の無病息災を祈る伝統行事で、それぞれ住民らが芸能などを奉納した。

 

小浜島では北集落のミルク、南集落の福禄寿が住民を引き連れて登場し、「座回り」や舞台で踊りや棒術、狂言など多彩な演舞を披露した。

 

干立と祖納の節祭も文化財指定の祭事。干立御嶽では干立独特の「オホホ」が登場し、ひょうきんな動きで観衆を沸かせていた。