image

(写真・琉球新報社)

 

沖縄県石垣市の自宅に大麻55.612グラムを隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)被告(53)ら2人の初公判が23日午前、那覇地裁(潮海二郎裁判長)で開かれた。

 

高樹被告は「みだりに所持していたという部分が違う。また大麻は私のものではない」として否認した。

 

高樹被告と同居していて共に起訴された会社役員森山繁成被告(58)も「ここにあった大麻は全て私のものだ」と述べ、共同所持を否定した。

 

高樹被告らは石垣市内の自宅に大麻を隠し持っていたとして、昨年10月25日に厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されていた。【琉球新報電子版】

 

関連タグ: