ラストツアーライブ、笑顔で熱唱する安室奈美恵さん=2日、東京ドーム

 

【東京で金城実倫】9月16日に引退する沖縄県出身の歌手・安室奈美恵さんのドームツアーライブ「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」が3日、東京ドームで最終日を迎えた。安室さんの最後のツアーライブを見ようと、2、3の両日合わせて約10万4千人が駆け付けた。3日の東京ドームではドーム内だけなく、会場の外にもファンが詰めかけ、終始熱気に包まれた。

 

安室さんはMC無しで30曲を披露した。幕開けでは「ナミエコール」と拍手が響くと、聖火の映像が出現し、その下でスポットライトを浴びながら安室さんが伸びやかに「Hero」を歌った。「Baby Don’t Cry」では、ピンクと黒のきらびやかな衣装で、ファンと一緒に歌い切った。安室さんは満面の笑みで両手を天井に広げ、喜びの感情を伝えた。

 

安室さんは「SWEET 19 BLUES」「a walk in the park」「NEVER END」「CAN YOU CELEBRATE?」などを次々に歌い切った。時々笑顔で手を振り、会場からは歓声が上がった。

 

曲を歌い終えた安室さんは、ステージ上で涙ながらにコメント。「デビューして25年いろいろなことを経験しました。いつも応援してくださったファンの皆さんのおかげです」と感謝の気持ちを伝え、「すてきな音楽に出合ってください。25年間ありがとうございました」と深々と頭を下げた。最後は「笑顔でみんな元気でね!」と訴えステージを後にした。

 

ツアーライブは国内17公演、中国、香港、台湾の海外6公演を合わせて23公演実施。ソロアーティストとしては過去最多の約80万人を動員した。

 

安室さんは昨年9月、今年の9月16日で引退すると発表した。最後のツアーの入場券には510万件以上の申し込みが殺到。昨年11月発売のベスト盤のCDは、約220万枚を売り上げ、大ヒットとなった。ツアーの映像を収めたDVDとブルーレイを8月29日に発売する予定。