(写真・神奈川新聞)

 

歌手の松任谷由実さんのデビュー45周年を記念した写真展が川崎市川崎区小川町の複合商業施設「ラ チッタデッラ」で開かれている。イタリアの街をモチーフにした建物の外壁をギャラリーに見立て、アルバムジャケットの写真をはじめ巨大なポートレート約50点が広場を囲むように並び、ファンを魅了している。

 

作品は、ユーミンの愛称で親しまれる松任谷さんの10年来のファンで日本を拠点に活躍する世界的な写真家レスリー・キーさんが撮り下ろし、多くの未公開作品もある。写真展に合わせた広場の噴水ショーでは、「CINEMA&YUMING」と題し、荒井由実当時の楽曲「ルージュの伝言」など、映画で使用された代表曲が流されている。

 

40年ほど前からの大ファンで東京都大田区から訪れた55歳と52歳の夫婦は、ユーミンの写真を背景に何度も記念写真を撮り、「自宅では自分たちで編集した“ベストアルバム”を聴いている。大好きな曲が流れる中で散歩できるのは気持ちがいい」と満足そうだった。

 

写真展は7月8日まで。入場無料。問い合わせは、「チッタ エンタテイメント」広報宣伝部電話044(233)1934。