メッセージボードを掲げ「たくさんの思い出をありがとう」「沖縄の誇りと伝えたい」と安室奈美恵さんへの思いを語るファンら=16日、浦添市伊祖のあがり家

 

9月16日に引退する沖縄県出身歌手、安室奈美恵さん(40)にこれまでの感謝を伝えようと、浦添市伊祖の沖縄そば店「あがり家」では引退までの毎月16日を安室奈美恵デーと称し、店内では終日、安室さんの楽曲のみを流す。思いを自由に書き込めるメッセージボードを設置しているほか、安室さんの楽曲にちなんだオリジナルチューハイも提供。初回の7月16日も多くのファンが駆け付け、店は終日満席状態に。それぞれが“安室トーク”に花を咲かせていた。

 

同店店員で、中学時代からの安室ファンという末吉シイ乃さん(32)の「ファンが集い、語り合える場を」という思いから実現した。ファン仲間と来店した神谷明日香さん(37)は、これまで何度も安室さんの歌に励まされてきたと言い、「アーティストとしても、同じシングルマザーとしても尊敬しかない」と引退を惜しんだ。同店では安室さんの誕生日に当たる9月20日にも特別イベントを催す予定。