75年前の沖縄県知事、県民の苦悩描く映画「島守の塔」クランクイン
クランクインした映画「島守の塔」の撮影風景=25日午前、うるま市与那城伊計のイツクマ浜

 

沖縄戦当時、食糧確保や疎開に尽力したとされる島田叡沖縄県知事と荒井退造県警察部長の姿や県民の苦悩を描く映画「島守の塔」(五十嵐匠監督)が25日午前、うるま市伊計島のイツクマ浜でクランクインした。島田役の萩原聖人さんと荒井役の村上淳さんが撮影に臨んだ。

 

4月下旬に撮影を終える見通しで、来年夏にも全国で順次公開する予定。

 

製作委員会には島田知事の出身地の神戸新聞社と荒井部長の出身地の下野新聞社、琉球新報社と沖縄タイムス社などが参加している。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー:
関連タグ: