「コロナ感染、東京並み」 那覇市医師会が「医療の緊急事態宣言」 病床確保など求める
「那覇市医療の緊急事態宣言」を発表し、県民へ不要不急の外出自粛など求める那覇市医師会の山城千秋会長(中央)ら=9日午後、那覇市の沖縄県庁記者クラブ

 

沖縄県内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、那覇市医師会(山城千秋会長)は9日、県庁で会見し「那覇市医療の緊急事態宣言」を発表した。このまま感染者が増え続けて病床が不足すると、入院が必要な他の疾病患者受け入れに支障が出るとして、市民に外出自粛を求めると同時に病床確保や医療者支援を強く訴えた。

 

山城会長は「各病院が本当にひっ迫してきている。医療現場は家族にも会えず、会わずに当直室で寝泊まりしている。この2週間が勝負だ。県民には、これまでの行動を変えて、外出の自粛を強くお願いしたい」と訴えた。

 

宣言では、県内の感染数が人口比でみると東京と変わらない深刻な状態だと指摘。対策として(1)行政が重症者が十分な医療を受けられる病床を確保する(2)医療者用の宿泊施設を用意する(3)行政が医療従事者の二次感染を防ぐために病院にN95マスク、防護服を配布する(4)市民は2週間の不要不急の外出自粛と週末や夜間の外出自粛―などを求めた。

 

県内では新型コロナウイルスの感染者数が対応する病床数に迫ってきており、対策が求められている。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー: