在沖米軍 新型コロナ感染136人 ハンセンで新たに36人 部隊間移動が原因か
新たに多数の新型コロナウイルス感染者が確認された米軍キャンプ・ハンセンのゲート前=15日、金武町

 

沖縄県は15日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した米軍キャンプ・ハンセン(金武町、宜野座村など)で新たに36人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。米海兵隊太平洋基地によると、新たな感染者は、先にハンセンで判明したクラスターに関連している。米軍関係の感染者数は計136人となった。ハンセンや普天間飛行場でクラスターが確認されるなど、感染者が急増している。

 

米海兵隊太平洋基地が同日、フェイスブックに投稿した発表によると、新たな感染は「先の感染者の徹底的な追跡と検査によって全て特定された」としている。米軍関係の感染が拡大する中、県と海軍病院などが同日午後に初めて情報共有の協議を持った。県が米側から受けた説明によると、米軍関係の感染者のほとんどが軽症と無症状者で、基地内で隔離している。米軍は感染拡大を防ぐため、無症状の人にも積極的にPCR検査を実施しているという。

 

米軍が県に提供した情報によると、基地の外で県民と接触した可能性のある米軍関係感染者は3人程度追加され、少なくとも23人程度となった。県の糸数公保健衛生統括監は「県民の中に(感染が)広がっているのを見つけないといけない」と述べ、米軍関係者と接触した県民の検査を急ぐ考えを示した。

 

県はクラスターが発生した普天間飛行場とハンセンの感染者に「部隊間の移動があった」と説明してきた。玉城デニー知事は「われわれの印象からすると、2週間留め置かれておくべき間に、普天間とハンセンのメンバーがユニット(部隊)として動いて訓練した結果、両基地で感染が広がったのだろう」との考えを示した。

 

嘉手納基地は今月感染が判明した2人のうち、1人は同基地の軍家族住宅事務所に勤める隊員だと明らかにした。米軍関係の感染者の内訳はハンセンで58人、普天間飛行場で71人、嘉手納基地で5人、牧港補給地区(キャンプ・キンザー)が1人、キャンプ・マクトリアスで1人となっている。

関連カテゴリー: