コロナワクチン、離島も居住地で接種 承認2月にも、まずは医療従事者へ
画像を見る

英国や米国で接種が始まった新型コロナウイルスワクチン。国内でも米製薬大手のファイザーが18日に厚生労働省に初めて承認を申請した。厚労省は国内での臨床試験(治験)などを経て来年2月にも承認の可否を決める。一方、開発が進むコロナウイルスワクチンの一部は超低温での保管が必要だとされる。沖縄は離島を多く抱えるが、専門家は政府が調達・供給する専用冷凍庫(ディープ・フリーザー)やド...

関連カテゴリー: