「ロックダウンに近い策を」 宮古病院が一般外来を休止 2月1日まで コロナで医療崩壊寸前
「市民は行動変容を」と呼び掛ける県立宮古病院の本永英治院長=25日午後、宮古島市平良の県立宮古病院 画像を見る

【宮古島】沖縄県立宮古病院の本永英治院長は25日、同病院で会見し、新型コロナウイルス患者増で病院機能と病床確保が逼迫(ひっぱく)しており「医療崩壊寸前の危機的状況」と強調した。「市にロックダウン(都市封鎖)に近い施策を求めたい。市民の行動変容も強く求める」と危機感をあらわに訴えた。26日からの一般外来休止も正式に発表した。   本永院長はロックダウ...

関連カテゴリー: