20年度の沖縄経済成長マイナス9.8%見込み コロナで日本復帰以降最大の落ち込みに NIAC調べ
画像を見る

南西地域産業活性化センター(NIAC、大嶺満会長)は25日、2020年度の県内総生産の実質成長率がマイナス9.8%程度となるという推計を発表した。新型コロナウイルスの拡大によって、個人消費や観光を含む移輸出などが減少し、日本復帰以降最大の落ち込みとなると見込んでいる。19年度の成長率見込みはマイナス0.9%程度と推計し、2年連続のマイナス成長を予測している。 &n...

関連カテゴリー: