沖縄県に「感染症対策課」が発足 新型コロナ対策へ専任職員配置
新たに発足した県感染症対策課=1日、県庁 画像を見る

沖縄県で新型コロナウイルス対策を担う「感染症対策課」が1日、発足した。専任職員37人、兼務職員21人の計58人が配置された。兼務職員は感染の流行状況に応じて、最大で44人まで増やすことができる。専任職員を設けることで、感染症対策に集中して取り組む態勢をつくることが目的だ。   1日、県庁で報道陣の取材に応じた嘉数広樹課長は「正確に情報を収集・分析し...

関連カテゴリー: