小椋久美子 キャスター転身で「オグシオペア再結成」の声

ラグビー神戸製鋼の山本大介(30)と、今年9月に離婚していた、バトミントン元日本代表の“オグシオペア”の小椋久美子(29)

「彼女は結婚してからも仕事漬けの日々で、夫に料理を作ることもほとんどできない状態だったそうです。今は離婚して関西にいる必要もなくなったため、彼女は自由に全国を飛び回っています」(スポーツ紙記者)

現在は、バドミントン教室のレッスンやトークショーなどに引っ張りだこで、現役のときよりも忙しいようだという小椋。そんな彼女は、今後の目標についてこう漏らしていたという。

「彼女は『テレビを中心に活躍していきたい』と漏らしていましたね。スポーツコメンテーターはもちろんのこと、情報番組を切り盛りするメインキャスターにも興味があるようです。バドミントン界の先輩・陣内貴美子さんを目標にしているんです」(前出・スポーツ紙

記者)

いっぽう、かつてペアを組んでいた潮田玲子(29)も9月に引退すると、早くも『キャスター転向』と報じられるなど注目を集めている。

「今後はバラエティ番組に場所を移して、〝オグシオペア〟の復活が見られるかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)