image

現地時間8月31日に始まったテニスの全米オープンで、悲願の日本人初優勝をかけて戦う錦織圭(25)。だが直前に行われたロジャース杯では負傷欠場してしまうなど、不安の声も挙がっている。

 

「左臀部のケガで全治1週間とのことでした。錦織選手は『問題ない』とコメントしていましたが、試合直前に充分練習ができないのは痛い。周囲が全力でサポートすることで、なんとか間に合わせたようです」(スポーツ紙記者)

 

そんな錦織を支えているのが、専任の栄養管理チームだという。

 

「テニスは持久力勝負なので、エネルギー源となる炭水化物を摂取することが大切です。彼のまわりにはそうした栄養管理をするスタッフがいて、緻密に計算した料理を提供してくれるんです。ちなみに1日で摂取しなければならないノルマは4千500キロカロリーで、成人男性の約2倍だそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 

さらにカロリー以外にもタンパク質150グラム、脂質150グラムなど、1日の目標量が細かく決められているとのこと。試合を戦い抜くためとはいえ、これだけ摂取するにはかなりの量を食べなければならないが……。

 

「実は錦織選手は見た目の割に、基本的に食が細いタイプなんです。だから1回の食事であまり量を食べることができません。そのため苦肉の策として『1日8食』にしているそうです。朝昼夜は主食に主菜3品、副菜3品、汁物1杯、果物1品を食べ、さらに5回ほど間食で補っていました」(在米テレビ局関係者)

 

身体を作り上げるため、ハードなノルマの食生活を続けてきた錦織。会場でのプログラムも万全だった。

 

「試合開始5時間前にはパンを食べて、2時間半前にはパスタを半人前、そして30分前には栄養補助食品を摂取するなど、すべてが決められています。試合後は2時間以内にプロテインとパンなどを摂ることで身体へのダメージを最小限に抑えるそうです」(前出・在米テレビ局関係者)

 

試合を前に、トレーニングのみならず食卓でも奮闘していた錦織。必死に食べ続けた食事が血肉となり、彼を動かしている――。

「写真/AFRO」

関連タグ: