瀬戸大也だけじゃない!不倫謝罪のトレンド“妻謝罪”の効果は
白昼堂々の不倫が報じられた瀬戸大也さん(写真:時事通信)

競泳の瀬戸大也さん(26)が白昼堂々、美女と不倫をしていたと報じられました。そのタイミングが2人のお子さんのお迎え前だったことや謝罪文に妻・馬淵優佳さん(26)の謝罪も掲載されたことなどから、瀬戸さんに大きな批判が集まりました。

 

しかしここ最近、不倫による妻の謝罪は定番化しつつあります。たとえば女優の佐々木希さん(32)。また離婚してしまいましたが、同じく女優の杏さん(34)なども夫の不倫について妻として謝罪をしていました。

 

「外野は黙ってろ!」とでも言わんばかりの牽制効果を発揮する、妻による夫の不倫謝罪。しかし妻という被害者の謝罪は、果たして対応としてベストなのでしょうか。少なくとも今回の瀬戸さんに関しては、そこまでしなくても……という気持ちにならなくもありません。

 

■妻の謝罪は自身へのプレッシャーにも

 

そもそも、妻が公に夫の不貞を謝罪する目的は2つ。「身内が許したんだから、外野は黙ってろ」という牽制効果と、スポンサーや関係者への誠意ある対応です。

 

瀬戸さんの件であれば夫婦での仕事も多かったことを考えると、社会的な信用を鑑みて妻も謝罪したのだろうという点は理解できます。

 

ただ妻の謝罪というのは、当の夫にとっても妻自身にとってもプレッシャーとなります。

 

夫からすると「自分のせいで妻に恥をさらにかかせてしまった」という罪悪感になります。妻からするとコメントを出したことによる連帯責任という、よくも悪くもプレッシャーになります。

 

これが吉と出るか否かは、各夫婦に委ねられるでしょう。ただ関係者への謝罪や牽制は必要だとは思うものの、スクープ翌日のスピード謝罪。しっかりと話し合いの時間は取られていたのか疑問が残ります。

 

今回の不倫は、いわば子育ての合間をぬって行われた不貞行為です。夫側から不倫相手にどこまで気持ちがこもっていたかは分かりません。ただ不貞行為を働いたその体で子どもを迎えに行っていた変わり身の速さは、なんとなくハタからみていると不潔な感じがしてなりません。

 

そう感じるのはおそらく筆者だけではなく、多くの女性が抱く嫌悪感なのではないでしょうか。

 

本能的に女性という性は、家庭や子どもを守ろうという性質が男性よりも強いといわれています。今回のような不貞と子育てが混在しそうになるシーンはただの不倫もダメですが、より許しがたいものだったりします。

 

そう考えると瀬戸さんの不倫の“ゲス度”は結構高く、妻として感情的に許すのはそう簡単ではないように思うのです。

 

そうした心理的な側面を踏まえて共同の謝罪文の発生をみていくと、このスピード感での妻の謝罪文は傷口へ自ら塩を塗り込むような苦行に見えて仕方ない……。勝手に見ていて辛くなってしまいます。

 

ところで瀬戸さんといえば長くライバルとして、同い年の萩野公介さん(26)の名前が上げられてきました。

 

萩野さんがシンガーソングライターのmiwaさん(30)と結婚された際、彼の成績が伸び悩んでいたこともあって批判もされていました。そしてその中には、夫婦円満なイメージの強かった瀬戸さんと比較する声も多数ありました。

 

そこから2年ほど。誰かと比較することを良しとしたいわけではありませんが、瀬戸さんに大きくイメージや信用を損なう行為が発覚したわけです。なんというか、「アスリートの一生、人の一生とはこんなにも目まぐるしく、そして何があるか分からないものなんだな」と個人的にはしみじみ思うのでした。

 

(文:おおしまりえ)

関連カテゴリー: