シバター ヤラセ否定から一転して“開き直り説教”に非難殺到…前田日明も大激怒
画像を見る

「お前、去年の大晦日、RIZINでYouTuberと戦って、試合前にそのYouTuberの『1ラウンド目は手を抜いてください。2ラウンド目からお互い本気でいきましょう』っていう、あからさまでわかりやす過ぎる嘘に騙されて、1ラウンド目、手加減をして負けたらしいな。何やってるんだ久保」

 

1月4日、自身のYouTubeチャンネルでこう語ったのはシバター(36)だ。

 

ことの発端は、昨年大みそかに開催された格闘技イベント『RIZIN.33』だった。そこでシバターは元K-1ウェルター級王者の久保優太(34)と対戦。1ラウンドでKOしたものの、久保が試合後に《嘘をつく人生は嫌だな。正直者が馬鹿を見るのか》とツイート。さらにネットでは、シバターが久保に八百長を持ちかけたとされるLINEが拡散されることに。

 

“八百長LINE”について3日、シバターは自身のYouTubeでこう否定していた。

 

「当人ですのでハッキリ言いますね。私、シバター。昨日の久保さんとの試合において、一切の八百長はしておりません」
「(LINEは)乗っ取りなのか、捏造なのか、だと思うんですけどね」

 

しかし翌4日、久保がYouTubeで「さまざまな理由があって、言い訳にはなってしまうんですけれども、試合の成立を最優先にするためにシバターさんの提案に乗っかる形だったりとか……」などとシバターからの提案に乗ったことを告白。すると同日、シバターは冒頭のように久保を名指しで批判。そして、こう語った。

 

「台本あったことをお前が発信したら、お前がその台本を飲んだってことを認めることになるんだぞ。つまりはプロ格闘家、元K-1王者であるお前が台本がある試合をしたって、そういうことになるんだぞ」

 

さらに「1度台本を飲んだ格闘家、もうどこの団体も使ってくんないぞ。RIZINはおろか、日本の格闘技界全部だ。久保、どうするんだ? 格闘技で食えなくなったらどうする?」と問うた。

 

しかし、ネットでは久保に同情している人たちが多数いる様子。八百長を持ちかけたものの開き直り、さらに説教もしたシバターにTwitterではこんな声が上がっている。

 

《あんたのYouTube内での話ならそれで良いけどRIZINだよ? 真剣勝負の場じゃないの? シバター嫌いじゃないけど、今回のこの開き直りには心底苛つくわ。久保も勿論悪いけど1番悪いのは台本持ちかけたあんただよ》
《騙される甘さを持ったり、真剣勝負ってところで裏に乗った久保って子も悪いと思うけどね、シバターってのが一番ダサい訳よ。汚い手使って上から目線で説教とかあり得んでしょ》
《シバターがなんで久保を説教する立場で喋ってんのか分からん》
《正当化して裏切った相手を批判してるからマジでタチが悪い》

 

今回の騒動について他の格闘家たちも、YouTubeを通して自身の考えを発信し始めている。なかでも前田日明(62)はシバターに「お前何言ってんだ」「クズ中のクズですよ」と激怒し、一蹴している。八百長騒動はますます“場外”にも波及していきそうだ。

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: