image

第73飯「辻家の鯛のポワレ・ア・ラ・ジャポネーズ」

■材料(4人分)

・鯛のフィレ   200g位のものを2枚
・塩胡椒     適量
・小麦粉     適量
・オリーブオイル 大さじ4~5
・生クリーム   大さじ6
・醤油      大さじ2/3~1
・黒七味     少々
・塩       少々
・イクラ     50g

■作り方

① 鯛のフィレは水分を良く拭き取って皮目の方に塩胡椒をふり、冷蔵庫の中で3~4時間寝かしておく。

② 皮目の方にだけ小麦粉を薄めに、まんべんなくまぶす。

image

③ テフロン加工のフライパンに多めのオリーブオイルを入れ(フライパンのサイズによって量は調整)皮目を下にして鯛を入れる。

image

④ 弱火でゆっくりと火を入れていく。皮がパリパリになり、白身全体がうっすらと白っぽく火が入るまで辛抱強く焼く。目安としては20分前後。絶対にひっくり返さないこと。

image

⑤ その間にボウルに生クリームを入れて泡立て器でもったりするくらい(八分立て)まで泡立てる。オリーブオイル少々(分量外)、醤油、黒七味2ふり程度、塩少々を加える。

⑥ 焼き上がった鯛の横にスプーンで生クリームソースを置き、イクラを散らしたら完成。

image

*撹拌が難しい場合はハンドミキサーを使うと簡単に出来ます。

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

関連タグ: