image

第74飯「クリームコロッケ」

■材料(4人分)

・じゃがいも    約100g(大きめの1個)
・お餅       50gくらいのものを1個
・牛乳       250ml
・バター      20g
・ツナ缶      正味70gくらい
・パルメザンチーズ 大さじ3
・塩        適量
・黒胡椒      適量
・小麦粉      適量
・卵        1個
・パン粉      適量
・揚げ油      適量

■作り方

① じゃがいもを茹でる。

image

② 茹でている間に小さい鍋に半量の牛乳を入れて火をかけ、温まってきたらお餅を入れて弱火でゆっくりとかきまぜる。お餅が溶け始めたらパルメザンチーズとバターを加え、塩と黒胡椒で調味し、残りの牛乳も加える。完全にお餅が溶けてクリーム状になったらOK。焦げ付きやすいのでかき混ぜる手を止めないでおくこと。目安としては10分くらい。

image

③ 15cm四方のタッパーに半分の量のソースを流し入れ、小さくカットしたじゃがいもとツナをまんべんなく取らし、その上から残りのソースをかける。

image

④ 粗熱が取れたら冷凍庫に入れて一晩置く。平らな状態で置くよう気をつけること。

⑤ タッパーを左右縦横にひねって凍ったソースをまな板の上に出す。

⑥ 凍った板状のソースを縦に三等分にし、各々2cmくらいに切り分ける。ちょうど2cm×5cm(厚み2.5cm)くらいの長方形のかたまりが21個出来る。

⑦ 溶けないようにすばやく小麦粉、卵、パン粉の順番に衣を付け、180度くらいの油で揚げる。衣がうっすらきつね色に色づけば完成。ゲランドなどの粗塩やトンカツソースをかけていただく。

image

*タッパーから凍ったソースが出てこない場合は少しだけ時間を置くか、橋にヘラを入れると取り出しやすいでしょう。
*お餅は冷凍保存のものを使う場合は常温に戻しておいてください。
*お餅は細かくカットしてから使うと溶けやすいので時短になります。

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

関連タグ: