読書

imageここのところ、変わりやすいお天気。ちょっと夏バテ気味になっちゃいますよね。そんな時は昼寝!扇風機の風を感じながらタオルケットに包まれるって気持ちいい*:・( ̄∀ ̄)・:*:ああ、幸せ・:*:でも、たまには本をぱらぱらめくってみると、セミの鳴き声や夏の匂いそれを感じながら本を読んでるとすごく落ち着く。また、うとうと。あれ、また昼寝?

 

 読むスピードが遅い私。それでも、あっという間に読めちゃった本。それは、「風が強く吹いている」。三浦しをんさんが描く駅伝についての小説。この本読むととにかく走りたくなる!走ってる時に感じることや見える景色。それが描かれてるからまるで自分が走ってるみたい。主人公みたいに走れたらどれだけ気持ちいいんだろう。それに、駅伝がチーム競技であるということも魅力。人間模様が細かく書いてあって、最後の駅伝シーンは涙なしには読めない

 

 初めて読んだのはちょうどマラソンを始めたばっかりのころ。だから余計はまっちゃって、今でも大会前にはぱらぱら読み返す程。ランナーのバイブルです。走るって気持ちいい!かっこいい!美しい!!とにかく気分爽快になれる小説。きっと読んだら走りたくなるはず。

 

 image吉田修一さんの「悪人」も大好き。映画化されてそれを見た方も多いのでは?悪人って何だろう?誰が本当の悪人なんだろう?そんなことを考えさせられる作品。人間の汚い部分やはかない部分、そしていとおしい部分。完璧じゃないから魅力的。だけど無力。なんか色んなことをぐるぐる考えちゃいます。ちょっとセンチメンタルになりたい時にオススメかな。

 

 私は本は絶対に買う派。読んで手あかをつけていく感じが好き。マーカー引いて、メモ書いて自分色に染めていくの。だから、気になったらすぐに買っちゃう。読んでいない本がたまりっぱなしなんだけどね。速読でも習って、もうちょっとスピードをあげなきゃ、きっと読み切れないんだろうなぁ。時にはお風呂にも持ち込む。たまに湯船に落として大慌てなんてこともあるんですけどね(笑)

関連タグ: