ワタクシメの周り、海の日(18日・月)を利用して早めの夏休みをタイで取る人が多いです。
うらやますぃーっ! 
じつはタイも仏教関係の休日(15日・16日)と振り替え休日で
15日(金)~18日(月)まで4連休なんです。

観光地は外国人とタイ人で賑やかになりそうですね!

というわけで、7月も半ばにさしかかりましたが、【タイの雨季】についてお話します。

タイの雨季は6月~10月ごろまでと言われています。

雨季なのでたしかに雨は降るけれど、スコールなので数十分、
長くて1時間ぐらいバケツをひっくり返したような雨がいっきに降ってあとはカラリと晴れ上がります。

なので、旅行時が雨季でもあまり気にすることはないと思います。
(マリンスポーツをするのであれば事情は変わると思いますが)

逆にこの南国独自の天候が旅情をかきたててくれてワタクシメは好きです。

傘をさして歩くということがほぼ不可能なほどの雨つぶなので、
タイの人は軒下でボーっと雨があがるのを待つ人が多いですね。
タクシーもほぼつかまりません。(もしくはメーターを使ってくれない)

時間が惜しいかもしれませんが、郷に入れば郷に従えで、
軒下で『ボーっと』雨があがるのを待つのが無難かと思います。
いつもと違った時間の流れを感じられますよ。
スコールの中を歩くと足元も(特にスニーカーは)びしゃびしゃになってしまいますしね。

ちなみにスコールが来る前は雷が遠くでピカピカ光ったり、
真っ黒い雲や風が強くなるので、『あ、来るな』という予想がつきます。

もし雨に濡れてしまったら、風邪に気をつけてください。
節電の日本ですが、タイは建物という建物はガンガンとエアコンが効いています。
体が冷えてしまって風邪を引いてしまう原因となりかねません。
タオルやハンカチはいつも持っていたほうがいいでしょう。

晴れ上がると今度はいっきに湿度が高くなるので自然乾燥という方法もありますが
その暑さで今度は汗がダクダク…ということになりますので、
タオルやハンカチはどちらにしても必需品です。

【7月のタイ】
平均湿度76%
降雨日数 19回

です!
(日本のほうが湿度高いかも…)

それと今週中に日本からタイへ行く皆さん!
15日(金)&16日(土)はタイは禁酒日なのでお忘れなく。
到着してからビールをプハーっと!と思っても飲めません。

在住者の知り合いがいたら買いだめしてもらうという方法が抜け道でしょうか。
あとはホテルのミニバーでちびちびやるか。

対策を練るかひたすらアルコール解禁を待って過ごすか、
あなた次第です!!

では今回はこのへんで。