その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【最近気付いた、性欲と霊感の意外な関連】

 

幽霊が見えるという話をすると、芸人仲間からよく「エロい幽霊っていないの?」と聞かれます。

 

たしかに、女性の幽霊の中にはかわいらしい雰囲気の方もいるにはいるんですよ。この連載でもお話ししたとおり、僕の初恋は中学生のときに出くわした幽霊の女のコですしね。

 

でも「エロい」っていう感覚とはちょっと違っていて。というのも、霊感が発揮されてるときって、性欲がセーブされるんです。

 

最近気付いたんですけど、性欲と霊感って反比例の関係にあるみたいで。たぶん、おおまかに言うと“生と死”っていう対極にある概念だからじゃないかなと。

 

以前、好きな人ができたとき、幽霊がまったく見えなくなってしまったのも、もしかしたらそのせいなのかもしれません。

 

あ、でも、今の彼女とは、落ち着いた関係だからなのか、今のところちゃんと幽霊は見えてます。

 

ちなみに、性欲以外で霊感が減退するのは、ライブでめちゃくちゃスベった時。逆に、大ウケしたりすると、霊感が一気に高まるような気がします。

 

まあとにかく、エロい幽霊が現れても、ぜんぜん興奮できなくてもったいないってことですね(笑)。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!