専門家が懸念する第2波到来 若者中心に飲食店クラスター急増
街には人の賑わいが増えている(写真:時事通信) 画像を見る

「われわれはいや応なく新型コロナウイルスとともに生きていかなければならない。その意味で『ウィズ コロナ宣言』を行いたい。新しい日常を皆で作っていく」

 

5月30日まで感染者が5日連続で10人を超え、29日は22人と増加の傾向を示している東京都。その中で「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」のステップ2に移行すると発表した小池百合子都知事は、感染防止策を前提とした「新しい日常」を作る必要性を訴えた。

 

「東京都は居酒屋を含む飲食店に、5~20時までの営業短縮、酒類の提供は19時までと要請していました。6月1日以降の『ステップ2』では、営業時間は5~22時、酒類の提供も22時までに延長されます」(全国紙記者)

 

大阪の吉村洋文府知事も同じく6月1日から、クラスターが発生したバーやライブハウスなどへの休業要請を全面解除する。

 

「日本中が自粛解除となるなかで、5月29日、北九州市で1日の感染者が過去最多の26人を記録。23日からの1週間で計69人の感染者発生を受け、北橋健治市長は『第2波の真っただ中にいると認識している』と、封じ込めに全力を尽くすと表情を引き締めていました」(前出・全国紙記者)

 

海外でも揺り戻しが起きている。

 

次ページ >韓国では2度目の外出自粛要請も…

関連カテゴリー: