小室圭さん 歴代受賞者出世のコンペで2位!年収1億円の可能性も
笑顔を見せるニューヨークでの小室さん。 画像を見る

《2nd Prize:Kei Komuro》

 

小室圭さんの名前の下には、前髪を伸ばしグレーのTシャツを着た顔写真も――。

 

本誌が昨年報じた、小室さんの論文が法律専門誌『NY Business Law Journal』’19年夏号に掲載されたという快挙。実は、その論文がコンペティションで2位を受賞したことが、ニューヨーク弁護士会のホームページで発表されていたのだ。

 

コンペの過去の受賞者は、アメリカのトップクラスの法律事務所に就職したり、世界有数の金融機関や国際的な環境保護団体に進んだりと活躍中。まさに法学部生にとっての“登竜門”なのだ。

 

この実績で小室さんの就職も有利になるのか。信州大学特任准教授でニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由さんに話を聞いた。

 

「この受賞だけでは、輝かしい未来が保証されるというものではないと思います。ただアメリカでは、自分が何者であるか、実力や可能性をアピールすることが重要です。小室さんは法学部出身ではなく、日本の弁護士資格も持っていないにもかかわらず、アメリカのロースクールに留学して好成績を収めており、さらに賞まで獲得しました。その事実は、効果的なアピール材料になり得ます」

 

小室さんのアピール力次第で“コンペ準優勝”の実績は武器になるという。では、小室さんが弁護士資格を取得できれば、どれくらいの年収が見込めるのだろうか。

 

「ニューヨーク州の弁護士になれば、おおむね1千万~2千万円ほどの年収が得られます。さらにパートナー(弁護士事務所の共同経営者)ともなれば、年収1億円もありえます」(山口さん)

 

小室さんは以前から人脈づくりに余念がなかった。ニューヨーク在住の帽子デザイナー・長谷川ゆかさんは本誌に、初対面の小室さんから「アトリエにお伺いしてもよろしいですか」と積極的にアプローチされたと明かしている。

 

ニューヨークの法曹関係者から論文を高く評価され、強力なコネクションを得た小室さん。高年収のキャリア歩み、眞子さまとの“セレブ婚”も夢ではない――。だが、前出の宮内庁関係者は厳しい意見を口にする。

 

「いまや小室さんへの批判は金銭トラブルや将来設計だけでなく、過去の行状にまで及んでいます。昨年末には『週刊文春』で小室さんの中高時代のいじめも告発されました。いくら実績を誇示しても、自分の夢ばかり追って他人を顧みない印象の小室さんに、国民の反発が強まる可能性もあります」

 

小室さんが書いた論文は、資金調達の仕組み「クラウドファンディング」についての法制度を研究したものだった。そのなかには、こんな一節があった。

 

《社会的企業や投資家などの関係者は、克服しがたい困難に直面してもそれが本当に“克服しがたい困難”なのか問いただすことが重要だ。そうすれば、信頼を損なわずにその困難を克服できる解決策を見つけられるだろう》

 

はたして小室さんは幾多の“困難”を克服し、眞子さまとの幸せを掴み取れるのか――。

 

「女性自身」2021年1月19日・26日合併号 掲載

関連カテゴリー: