「2回目より強い倦怠感と腕の痛み」医療従事者が語るワクチン3回目副反応の症状と対策
画像を見る

感染力の強いオミクロン株が日本でも猛威をふるい始めている。   「感染拡大を防ぐ鍵は、やはりワクチン3回目接種(ブースター接種)です。日本では2回目の接種から原則8カ月以上間隔を空けるとされてきましたが、高齢者施設などを対象に接種の前倒しが進められています。感染力がデルタ株の5倍とされるオミクロン株の流行を食い止めるには、ワクチン3回目接種をスムー...

出典元:

「女性自身」2022年1月18日・1月25日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー: