image

監督・松尾スズキ、主演・松田龍平が『恋の門』以来10年ぶりのタッグを組む新作映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』の公開日が2015年4月4日(土)と決定!!そのポスタービジュアルも到着した!

今回到着したビジュアルはかむろば村へ逃げるようにやってきた元銀行員のタケ(松田龍平)をはじめ、村長の与三郎(阿部サダヲ)、与三郎の美人妻・亜希子(松たか子)、過疎の村に咲く一輪の花、女子校生の青葉(二階堂ふみ)や、自他ともに認める村の神様“なかぬっさん”(西田敏行)ら一癖もふた癖もあるキャラクターが勢ぞろい。かむろば村でどんな騒動が巻き起こるのか、いやがおうにも期待が高まるビジュアルとなっている。

 『ぼのぼの』『I(アイ)』など、独特の世界観で多くのファンを持ついがらしみきお原作の人気漫画「かむろば村へ」を、鬼才、松尾スズキが監督。松田龍平×松尾スズキ×いがらしみきおのタッグで、田舎の現実を描き、誰も見たことのないあたたかくてシュールな世界が広がります。

“ジヌ”とはこの地方の言葉で<銭>のこと。主人公は現金に触るだけで失神してしまうという前代未聞の<お金恐怖症>になってしまった元銀行マン、タケ。仕事を続けられなくなり、逃げるようにやってきた山奥の村で「お金を一銭も使わずに生きていく!」と宣言するのですが果たしてイマの日本、そんな夢みたいな生活ができるのでしょうか? 物語の舞台は病院も学校も警察もない過疎の村“かむろば村”。世話好きの村長や自称・神様をはじめ、あまりにも濃くて不思議な人々を巻き込んだ「お金を使わない生活」の行き着く先はー?気が弱いのにズサンで無鉄砲な主人公、タケに日本アカデミー賞最優秀主演男優賞など実力、人気ともに日本映画界を担う松田龍平。世話好きの反面、何か不穏な過去がありそうな、かむろば村の村長・与三郎に阿部サダヲ。長年、仕事を共にしている松尾スズキだけが知る新しい一面をお見せします。村長の妻で都会的美人の亜希子に松たか子。高齢化率40%の村で希少動物のような、かわいいけどどこかアヤしい女子高生・青葉を二階堂ふみ。自他ともに認める村の“神様”で写真が趣味の“なかぬっさん”に西田敏行。さらに片桐はいり、モロ師岡、荒川良々、皆川猿時、そして松尾スズキ自ら与三郎の過去の秘密を握る重要人物ヤクザの多治見を怪演、とんでもない騒動を巻きおこしていく。松田龍平史上 最強にヘタレな若者・タケが、あたたかくも強烈な人々と向き合いつつ、つかみとった生き方とはーー?混迷する現代に放つ、ちょっと不思議なエンタ―テインメントがいよいよ登場!

[物語]
銀行マンとしての資質がなかったのか、深刻な<お金恐怖症>に陥ったタケ(松田龍平)は過疎化が進む小さな村“かむろば村”へ逃げるようにやってきた。財産は100万円で手に入れた空き家だけ。ガスも水道も携帯電話も要らない!現金は使わない!と宣言したものの、暖房の無いボロ家で暮らし始めた初日に風邪をひく始末。農業を始める気なら田舎暮らしこそ現金や携帯電話が必要なのに、と村人たちにあきれられる毎日だ。田舎暮らしを甘くみていたタケだが面倒見のいい村長・与三郎(阿部サダヲ)が経営する村唯一のスーパーで雇ってもらうことになりバイト代は食糧の現物支給で。田んぼや畑の仕事を村人たちに教えてもらいつつ、なんとか物々交換と自給自足生活になじみ始めたある日、怪しい男(松尾スズキ)が村に現れ……。