ミスユニバース日本代表の美馬寛子(21)が1日、都内で行われた『YUMI KATSURAローズ祭り』に鮮やかな300輪の薔薇のドレス姿で登場し、初代ローズクイーンに任命された。デザイナー・桂由美(76)によるウエディングドレスは、本物のバラに薬品加工を施し、約1カ月の製作期間を経て完成。製作費は約200万円。美馬は「こんなにカラフルなドレスがあったら素敵です」とうっとりした様子で話した。美馬は7月にベトナムで開催されるミスユニバース世界大会に、日本勢2連覇をかけて出場する。
(撮影・江口明裕)

関連タグ: