俳優・堤真一(43)が17日、都内で行われた主演映画『クライマーズ・ハイ』の完成披露試写会に登場した。横山秀夫氏のベストセラー小説を原作に、85年の日航機墜落事件に直面した新聞記者の壮絶な1週間を描いた作品。記者役の堤は「撮影後に体がドッと疲れて、何週間か何もしたくなかった。撮影中がクライマーズ・ハイでしたね」と撮影を振り返った。共演の境雅人(34)は記者の魅力について「真実を追うために全速力で走る姿は美しく、かっこいいですね」と語った。同作は7月5日より公開。
(撮影・江口明裕)