『攻殻機動隊』『イノセンス』などで知られる押井守監督(56)の最新作『スカイ・クロラ』のジャパンプレミアが3日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われ、声優を務めた菊池凛子(27)、加瀬亮(33)が出席した。菊池は「押井監督とずっとご一緒したいと思っていたので、緊張して何度もテイクを重ねてしまいました」と話すと、押井監督は「加瀬さんもねばりましたね。初めてスタジオの仮眠室を使いました。声優さんでもなかなかしないことなので感心しました」と17時間もアフレコ収録したことを打ち明けた。同作は8月2日公開予定。

関連タグ: