女優・上戸彩(23)が所属するオスカープロモーションが『第12回全日本国民的美少女コンテスト』の4日、都内で開催概要を発表した。1997年の第7回大会で審査員特別賞を受賞した上戸は当時を思い出し「お家を建てたいと思って、お金(グランプリ賞金200万円)のことしか頭になかった」と話し笑わせつつ、「コンテストで人生が変わった。今は幸せですね」感慨深げだった。また、06年の第11回大会グランプリの林丹丹(19)、審査員特別賞の忽那汐里(16)は「ぜひ私たちのかわいい後輩になってください」と笑顔で呼び掛けた。(撮影・江口明裕)