『第51回ブルーリボン賞』の授賞式が3日、都内で行われ、主演男優賞は『おくりびと』の本木雅弘(43)、助演女優賞には『歩いても 歩いても』の樹木希林(66)と、親子での受賞となった。樹木は仕事の都合で欠席したため、代理で娘の内田也哉子(33)が出席。本木と内田は95年7月7日の挙式時に会見して以来、14年ぶりのツーショットを披露した。本木は作品や自身の演技のことなど「自分ごときが、と恥ずかしい気持ち」と謙虚に語りながら、スピーチは約5分に。「(長くなったのは)妻が同席していたので、その緊張をほぐすためでして…」と笑いながら言い訳。「樹木さんとの親子受賞より恥ずかしい」と照れ笑いした。(撮影・加治屋誠)

関連タグ: