4日、NHKドラマスペシャル『白洲次郎』の最終回『ラスプーチンの涙』の試写会が都内で行われ、俳優の伊勢谷友介(33)、女優の中谷美紀(33)らが出席した。白洲次郎を演じた伊勢谷は「とても充実した時間でした。作品で白洲次郎という人間の人生を描けたことは役者として大きなチャレンジで、大きな糧となりました」、随筆家の妻・正子を演じた中谷は「撮影前は正子さんを演じることが怖かったんです。しかし、演じているうちに (物事の)本質を見つめることの厳しさを学びました。最後は燃え尽き、もうこの役でできることは何もないと、清々しい気持ちになりました」と撮影を振り返った。ドラマは21日から、第1回~最終回を3夜連続で放送する。(撮影:柴田悟)

関連タグ: