タレントの桜塚やっくん(年齢非公開)、バレエダンサーの宮尾俊太郎(25)らが15日、都内で行われた『WORLD CLASSICS@CINEMA ~映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行~』のプレミア上映会に出席した。バレエ作品の映画館での上映は日本で初めての試み。宮尾は「バレエを映画館で観るなんて今までなかったし、貴重な機会だと思います。これからも入り口はなんでもいいので、これからも皆さんがバレエに触れる機会があったらいいなと思います」とアピールバレエ鑑賞初心者のやっくんが、「白いタイツのモッコリ、あれは恥ずかしくないの?」と今まで気になっていたというバレエダンサーの衣装について、率直な疑問をぶつける一幕も。これには宮尾も苦笑いだったが、「初めの頃はすごく恥ずかしかったですけど、黒いタイツも履きますし。それより抵抗があったのは、タイツの下のサポーター。後ろから見てラインが出ないように、Tバックなんですけどそれがすごく嫌で。これが男性バレエダンサーの最初の関門かもしれませんね。ちなみに今日はボクサーパンツ」と受け答えてみせ、会場を盛り上げていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: