29日、東京・新宿の京王プラザホテルで新ドラマ『闇金ウシジマくん』の制作発表会見が行われ、出演者の山田孝之(26)、片瀬那奈(28)、崎本大海(24)、やべきょうすけ(36)が出席した。同ドラマの原作は、『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載中の同名漫画のドラマ化作品。違法な金利でお金を貸す闇金業者の丑嶋(山田)が、安易に借金を重ねる多重債務者たちを容赦なく追い込む姿をリアルに描いた物語。多重債務者たちの生活にスポットを当て、格差問題やワーキングプアなど現代社会の問題も浮き彫りにしていく。主人公を演じた山田は、「お金というものを考える作品で、いいタイミングだなと思う」とアピールした。また、「丑嶋は本能のまま生きている人。この人の中でお金が相当上の位置にある。そこが人間らしいと思う。僕はお金は最強の兵器だと思っていて、距離感は人それぞれだけれども、そんなに執着しないので闇金に行くことはない」と話した。(撮影:柴田悟)

関連カテゴリー: