「みんなのために、家族のために訣別という形になりました」そう語るのは、発売中の自叙伝『リベラルライフ』で、家族との確執を綴った杉本彩。04年11月に杉本が設立した化粧品会社の経営を巡り、実妹との対立が深まっていったのだ。会社を妹夫婦に譲り、妹夫婦と同居する母への仕送りも止めた杉本……。そんな“傷心”の彼女には今、精神的に支えてくれるパートナーがいるという。妹や母との“絶縁”家族バトルの本音と、「女としての幸せ」を楽しむ彼女の今を、本誌で独占告白!

関連タグ: