“なでしこフィーバー”の立役者として’11年もっとも注目を浴びた澤穂希選手(33)。20日には所属するチーム『INAC神戸レオネッサ』を無敗優勝に導く活躍まで見せた。

そんな彼女には、子供時代から母に教えられ、今も胸深く刻み込まれている言葉があるという。
「チャンスの波に乗りなさい。そして、その波が来たとき、ちゃんと乗れるように、準備しておくことが大切よ」

澤選手の両親は、彼女が中学3年生のときに離婚。母はその後、仕事をいくつも掛け持ちし、女手ひとつで、澤選手と兄を育てあげた。また母は、娘のやりたいことは自由にさせ、そして応援と後押しを惜しまなかった。

「小学校では最初、性別を理由に、サッカー少年団への入部を断られたんですが、それを母が頼み込んで、仮入部を認めてもらったんです。中学では女子サッカー部がなくて、それでも続けたい私に、『ベレーザ』の入団テストを受けさせてくれました」

ところでそろそろ、母と娘のあいだに、結婚や子育ての話は出ないのだろうか?

「しなさいと言われたことはありません(笑)。でも、私がサッカーを辞める時は、結婚する時だろうと、イメージはできています。将来、結婚して子供ができたら、カッコいいお母さんになりたいですね。運動会では、元アスリートとして負けるわけにはいかないので、むっちゃ練習しちゃうんだろうな(笑)」

(女性自身11月29日・12月6日合併号)

関連タグ: