松嶋菜々子主演の『家政婦のミタ』第8話の瞬間最高視聴率は31.5%と、今年放映のドラマで最大のヒットとなっている。その影響で、いま家政婦たちが注目を浴びている。そこで現役の家政婦に、ドラマもかすむ超リアルな現場で「何を見た」のかを語ってもらった。

都内在住の高田真知子さん(仮名・32)が通っているのは、共稼ぎで掃除がまったくできず、“チワワ様”を溺愛する奥様。そしてそのご主人もまた“キャラ立ち”していたのだった。

「ご主人は一見、元野球選手の新庄剛志のようなイケメンで、スーツは全て銀座でオーダーメードするほど、リッチでオシャレ。でも、そのご主人がはいているパンツが、実は真っ白の“おっさんブリーフ”ばかり(笑)」

彼女は洗濯するたび「まじで?」と、首をかしげていたという。さらに、そのご主人の近くに住む母親からも奇妙な依頼があったという。

「たまにそちらの家にも手伝いに行くんですけど、70代だというのに、いまだに生理用品を、私に買ってくるよう頼むんです。『あがってんじゃないの?』って思うんですけど、きっと、私に嫉妬心が出て、旦那を取るなというアピールなんでしょうね!」

【関連記事】
リアル家政婦はミタ(1)「70代の旦那様とイケナイ関係に」
リアル家政婦はミタ(2)「“お犬様”の世話を録音されて」
リアル家政婦はミタ(3)「70代の奥様が生理用品を頼み……」
リアル家政婦はミタ(4)「1千万円の家の権利書を奪い合い」
リアル家政婦はミタ(5)「夫婦の“開かずの間”に入ってみた」
松嶋菜々子 『家政婦のミタ』ギャラは3割減の250万円

関連タグ: