菊池桃子(43)とプロゴルファーで夫の西川哲(43)の離婚が、1月28日付のサンケイスポーツで報じられた。同紙によると、所属事務所社長も「離婚したことは事実です」と認めたといい、17年に及ぶ結婚生活に終止符が打たれたことになった。

2人が結婚したのは95年5月のこと。菊池はプロゴルファーの夫を支えながら2児にも恵まれるなど、結婚生活は順風満帆に見えた。だが、次第に「夫は別宅を持ち、そのマンションに女性を連れ込んでいる」などの不仲が報じられるように。『女性自身』2010年2月9日号でも、夫婦別宅生活の真相を取材。そこで、所属事務所社長は衝撃の告白をしていた。

「もともとプロゴルファーって木曜から日曜ぐらいまでツアーに参加していますよね。だから、週の半分、家に西川が居ないというのは、昔からだったんです。ただ……、実は昨年末に私も、彼につき合っている女性がいるという話を聞いて。この話は桃子には言っていないのです。余計な心配をかけたくなかったので……。私なりに情報を集めてみました」

なんと心配のあまり、菊池本人には伝えずに、西川の不倫調査をしていたのだ。所属事務所社長はその後、西川本人に問い詰めたというが、彼はこれを否定。菊池同様、その言葉を信じるしかなかったという。しかし、そうした夫婦すれちがいの生活が、結果として離婚につながったようだ。

今後、長男(15)と長女(10)の親権は菊池が持つことになるという。長男は今年、高校受験という転機の年。菊池はシングルマザーとして試練のときを迎えている――。

【関連記事】
菊池桃子 離婚から3カ月…「思い出の自宅」に戻って再出発
菊池桃子「離婚前、原因不明の難病に悩んでいた」とママ友
菊池桃子 結婚15年目の「ナゼ…」帰らぬ夫“育ての親”が浮気調査

関連タグ: