主婦の間で人気沸騰中のマンガ『花のズボラ飯』。登場する絶品”手抜き料理”はまさに忙しい主婦やママの味方だ。そこで調理師免許や野菜ソムリエの資格を持つ大食いタレント・ギャル曽根(26)に「ひとりのときだけこっそり食べてる、ホントはヒミツ」のとっておきズボラ飯を教えてもらった。

●粉コーンTKG(卵かけご飯)

材料(1人分)
・卵…1個またはお好みで2個でも
・しょうゆ…適量
・ご飯…1杯
・粉末コーンスープ…1袋(15グラム)

作り方
【1】卵かけご飯をつくる。しょうゆはお好みで適量加えて

【2】卵かけご飯に粉末コーンスープをかけ、混ぜ合わせていただく

さすがズボラ飯、レシピはこれだけ。ご飯を少なめにして卵を2個かけるとより豪華に! 粉末スープの中の粒までしっかりつぶすのがギャル曽根流だ。量はお好みで。

「これは昔からふりかけが好きだった私が、20歳のころ、たまたまそこにあったコーンポタージュをかけたらどうなるかって実験して生まれたメニュー。ほかにも梅こぶ茶などいろいろトライした結果、コーンポタージュに落ち着いたわけです」(ギャル曽根)

ポイントは必ずアツアツのご飯で、ネバネバになるまでよ~くかき混ぜること。食べだしてからふりかけ風に少しずつ粉末スープをかけてみても、味わいが変わっておいしいとのこと。あなたも一度試してみる!?

関連タグ: