7日、東京・六本木のサントリー美術館で、『来て、見て、感じて、驚いちゃって!おもしろびじゅつワンダーランド』展の内覧会が開催され、人気子役の小林星蘭(7)と藤本哉汰(9)が出席した。

同館所蔵の日本美術品を五感で『体験』『体感』『発見』できる特別展。江戸時代の『洛中洛外図屏風』に描かれた京の街の細部を拡大して見ることができる大型タッチパネルを体感した小林は「昔の街の様子が見られて、楽しかった」と笑顔を見せた。

小学2年生の小林は夏休みの予定について聞かれ「分からない。ママに聞かないと…」と話し、夏休みの宿題は「ドリルはもうちょっとだけど、一行日記がまだ進んでいない」と少し苦戦している様子。一方、小学3年生の藤本は「宿題はあともう少し」と自信を見せた。また、小林は今後の目標を「かけ算を『どうだっけ?』とならないように、頭にパッと浮かぶようになりたい。今は3の段までだから」と話していた。

最後に絵の得意な2人は夏休みの思い出を絵日記にして、報道陣に披露。図工が好きという小林は「長岡の花火です。変なクモのように見えました」と話した。(撮影:柴田俉)

関連タグ: