昨年末の『THE MANZAI 2011』でファイナリストになりブレイクした、お笑いコンビHi-Hiの上田浩二郎(38)と岩崎一則(38)。「パスタ巻いてる?」がおなじみになったが、実はロンドンブーツ1号2号やペナルティなどと同期で、吉本をリストラされた経歴を持っていた。

高校の同級生だった2人は卒業後、バイトをしながら吉本興業の「銀座7丁目劇場」で芸人デビューするが、ネタはスベるばかり。ついには、吉本の「リストラライブ」に強制参加させられ”クビ”を言い渡されたのだ。22歳で芸人引退を決意し、フリーター生活を始め、バンドも結成。しかし3年目にバンドも解散し目標を失ったところで考えたのは……。

「就職もできないし『じゃあもう一回、お笑いやるか』と。あんなにつらかったのに、3年でまた始めるなんて、やっぱりバカなんでしょうね。普通なら懲りるんでしょうけど、きちんと生きようとは思わない。クズ野郎なんですよ」(上田)

再びお笑いを始めた2人は別の事務所に所属。先輩芸人の原口あきまさやはなわの舞台の前説などを務めていた。それでもお金がないときは、後輩のオードリー・春日に借金をしたりもしていたという。

岩崎「でも僕は10年近くパチスロで生計を立てていたので。法規制前はほとんど負けてないし、1000万円は稼いだんじゃないかな」

上田「じゃあなんで家賃溜めてんだよ?」

岩崎「持ってないと不安で」

上田「こういうクズ野郎なんですよ!」

貧乏でも合コンには余念なく、そんな席でよく使ったフレーズが「最近どう?パスタ巻いてる?」だった。芸人仲間が「合コンの上田さんをテレビに出したら2秒で売れます」と話すほど自由なアドリブで本領を発揮していた上田。

9月13日には初の単行本『リストラ芸人』(講談社刊)を出版する。苦節の18年間を上田が生き生きと描いた作品だ。

今後、冠番組のオファーがきたら?「断りますね〜(笑)。それはぜひオードリーにやってもらって、そこに出演して俺らはうまくいじってもらうのがいい。他力本願でやりたいです!」(上田)