10日、都内で、ドラマ『好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~』の記者会見が行われ、アイドルグループ『9nine』の川島海荷(18)が出席した。

キョンシーと呼ばれる妖怪退治に乗り出した、川島らが演じるアイドルたちの奮闘物語。川島をはじめ、『9nine』のメンバーも本人役で登場する。

派手なカンフーアクションにも挑戦している川島は「自分で言うのも恥ずかしいですが、最近はアクションも上達して手応えを感じてます。残りの収録も自信を持ってやりたいです!」と意気込みを語った。またメンバーとの初共演については「歌とダンスしか一緒にやったことが無かったので、演技はちょっと恥ずかしかったですね。監督から『9nineの控室はこんなに静かじゃないでしょ!?』って言われるくらい緊張した」と振り返った。

また、会場にはキョンシーも同席していたことから、キョンシーを初めて見たときの感想を聞かれると「撮影でこれだけ一緒にいると愛着がわいて可愛いです。でも、外でロケをしてると子どもたちがキョンシーに集まってきて。私は全然気付かれなくて寂しかった」とキョンシーに嫉妬?する場面も見せ、笑いを誘っていた。(撮影:河崎文雄)