11日、都内で、女優・綾瀬はるか(27)主演の来年1月6日からスタートするNHK大河ドラマ『八重の桜』の新キャスト発表会見が行われ、オダギリジョー(36)らが出席した。

同作は、幕末から明治にかけ、波瀾万丈の生涯を送った八重の生涯が描かれる。オダギリは八重の2番目の夫で、同志社大学の創設者、新島襄を演じる。

オダギリの大河出演は、2004年の『新選組!』で斎藤一を演じて以来、2度目。「イメージを壊さないように、かつ自分の新島襄像を描けるようにやっていけるか不安ですが頑張ります」と意気込みを語った。

八重を演じる綾瀬については「テレビで拝見していて、すごくかわいらしいなと思ってました。うちに一度遊びにきていただいたことがあって、うちに来てくれただけでファンになりました。まだあまり話していないので、これから仲良くなっていきたい」と話した。

一方の綾瀬は「オダギリさんの独特なテンポ感や雰囲気がすごい好きです。声がとても魅力的だなと。オダギリジョーさんが新島襄をやるということで、『ジョー』つながりですごくうれしくなりました」と笑顔で歓迎し、早くも息ピッタリの様子を見せた。(撮影:小山伸正)