16、都内で、リラックスぬいぐるみ『ハグ&ドリーム/ミニーマウス』の発表会見が行われ、『第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリに輝いた優希美青(13)が出席した。

グランプリ獲得後、初のイベント出演となった優希は「すごく緊張しています」と言いながら、笑顔を振りまいた。8月末のグランプリ獲得から、1カ月半近くが経過したが「前よりは段々実感が沸いてきたんですけど、今でもあれ?って思ったりして。こういうカメラがいっぱいあったりすると、何でここにいるんだろうって思ったりします」と語った。

優希は山形県在住の中学1年生で、現在は週1回のペースで上京し、レッスンや仕事をこなしている。「演技力をつけるために、演技の練習をしています。泣くことが難しいですね。ドラマやCMにいっぱい出られる女優が目標。刑事ものが好きなので、それに関係した役がいいな。犯人役でもやります」と抱負を語った。

事務所の大先輩で歌手の和田アキ子(62)ともすでに番組で共演。「テレビで見るより女性らしいと思いました」と印象を語り、報道陣からの「怖くはなかった?」の質問には「怖くなかったです」とはにかんだ。(撮影:柴田悟)

関連タグ: