12月1日、東京・表参道ヒルズで写真展『YUMING FOREVER by LESLIE KEE』の除幕式が行われた。同展はアーティスト松任谷由実(58)をシンガポール出身のカメラマン、レスリー・キー(41)が撮り下ろしたもの。

松任谷はレスリーの才能を高く評価し、「やっぱり天才は多作だ。そこが私との共通点かな。もう私の遺影はレスリーで決定。“遺影、イェーイ”」と話し、会場を盛り上げた。

松任谷の大ファンで彼女を尊敬してやまないというレスリーは「ユーミンは40年もの間、みんなに愛と希望を与えてきた。感謝の気持ちを表すことができてすごく嬉しい」と話した。

※写真展『YUMING FOREVER by LESLIE KEE』は2013年1月6日まで、東京・表参道ヒルズにて

(撮影/鈴木鍵一)

関連タグ: