12月6日、東京・六本木ヒルズで映画『ストロベリーナイト』のレッドカーペットアライバルと完成披露試写会が行われ、主演の竹内結子(32)をはじめ、大沢たかお(44)ら出演者が登場した。

同作は誉田哲也氏の人気ミステリー小説が原作で、過去にはドラマ化もされている。竹内は、ノンキャリアながら20代で警視庁捜査1課の主任警部補に昇進した女刑事・姫川玲子を演じている。

共演者は男性ばかりで、紅一点となる竹内は「黒いスーツの軍団が多く、控え室はアウトレイジのようでした」と話し笑いを誘った。

ドラマシリーズには出演せず、今作が初登場となる大沢は「大好きな作品だったので、すごく光栄です。姫川(竹内)と最初に会ったときは本当に緊張した」と笑顔で話した。

姫川の部下、湯田康平を演じた関ジャニ∞の丸山隆平(29)も「姫川さんには、いつも優しくしていただきました。皆さんがどうこの作品を受け止めるか楽しみです」と語った。

最後に竹内は「これでこのシリーズが終わってしまうと思うと、寂しくて言葉が出てきません。これだけのメンバーが集まっているのだから、つまらないはずがない。期待してください」と話し締めくくった。

※映画『ストロベリーナイト』2013年1月26日(土)より全国東宝系にて公開

(撮影/鈴木鍵一)